代表メッセージ

藤井亮代表取締役社長よりみなさまへのメッセージを紹介します。(2019年2月14日)

どうですか、ティファナって楽しそうだなぁ、働いてみようかなって思っていただけましたか?
ありがとうございます。
その前に、ひとことだけ、いいですか?(結果的にめちゃくちゃ長文、興味ある人だけ読んでください!)

会社を紹介するサイトですから、どうしても良いことを書いてしてしまいがちです。
ですから、代表の私からは、少しホンネを言わせて(書かせて)もらいたいと思います。

未経験者を募集する理由 なぜ未経験者を募集するのですか?

よく聞かれます。

同業種の会社では、現場経験を3年以上積んだ人を中途採用することが多いようです。
なぜなら、このIT業界は日進月歩で常に新しい技術が発表され、社員には高度な技術とコミニケーションスキルが求められます。

顧客先からも高い対応力を求められることが多いので、なかなか未経験の新人を育てる余裕がないようです。
その結果として経験者を雇う企業が多くなるのだと聞いています。

しかしティファナでは、未経験者(就業未経験)を募集しています。
IT業界での経験値が高い人よりも、ティファナが築いてきたWeb制作やAI事業のやり方を
イチからしっかり学んで身に付けてくれる人のほうが、本人のキャリア・スキルアップになり
長い目で見ると会社の戦力、仲間になるとわかっているからです。

ですから、ティファナではOJTの場や勉強会などを開催し、先輩が多くの時間を割いて未経験者を教育しています。
自分の仕事の時間を取られるのですから、先輩も必死なのです(笑)

(2018年12月からJavaScriptの勉強会が全社で始まりました、管理部やデザイナーやコンサルタントも楽しくスキルアップしています)

これから働く皆さんには、知らない用語やツールをゼロから覚えたり、厳しい先輩、怖いクライアントを前に不安に感じたりと辛く苦しい場面が次々に襲ってくると思います。

でもそれはどんな仕事でも社会人としては一度は通らないといけない道なのかなと思います。
経験値が上がり仕事が上手くいけば家族や友人や恋人と過ごす時間も楽しくなりますよ。

会社の安定性、残業について

これらも気になるところですね。

ティファナは1993年に設立しました。以来20年以上無借金経営でやっています。

無借金でやれている一つの理由は、カンパニー制度といって、各グループの運営を会社の経営に見立ててチームでやりくりするシュミレーションを毎月やっているからだと思います。

収入があって地代家賃を払い、給与を払うという会社の資金繰りのような形を各グループが毎月やることで一種ゲームのようですが意外と経営感覚が身に付きます。マネージャーは数字には強いですよ。

おかげさまで銀行からの借り入れはありません、そういう意味では安定していると言えます。
ですが残業はまだ少しあります。

時短が叫ばれている昨今、どうやってクライアントの納期を死守しながら、経営を安定させ、残業を無くしていくのかが頭の痛い経営課題でした。

一般的に「クライアントの意向が大きく反映される」「オリジナルのクリエイティブ(制作物)を作る」「納期が厳密に決まっている」といった性格の仕事は、働く時間が長くなりがちです。

しかしそのような問題も解決しつつある状態です。(2019年2月時点)

「狩りから稲作へ」作戦実施!

「狩りから稲作へ」を合言葉にビジネスモデルを変換しました。
コードネーム:高床式ねずみ返し

Web制作業務メインだった経営を近年3つの事業に増やしました。

  • 1.Web制作事業
  • 2.AI事業
  • 3.特定企業の受託事業

Web制作事業は今まで通りの「狩り」型ビジネスですが、AI事業と特定企業の受託事業は固定収益が得られる「稲作」型のビジネスモデルです。

Web制作の受注は月によってばらつきがあり、またお客様の要件が多種多様で、なおかつ納期がある関係上、残業が発生しやすくクレームもいただくことがあります。

一方、AIアプリケーション事業は、一度ご利用を決めていただくと毎月使用料をいただけます。

アプリということで仕様は決まっていますのでお客様ごとに制作する必要がありません。
クラウドサービスなので納期という概念がありません。

また、特定企業の受託事業は今までお付き合いのあったいくつかの大手企業様から毎月固定でお仕事をいただけます。

これらは内容がある程度決まっており、残業をしなければ納められないというタスクではありません。

要するに3つの事業のうち2つを固定収益が頂けるビジネスに転換したことで、夜遅くまで仕事をしたりする機会が極端に減りました。

まして制作会社にありがちな休日出社や泊まり込みで仕事、などというのはとっくに無くなりました。
今はWeb事業部の時短に取り組んでいます。

当社の問題点

さて、そんな中、やはり苦しくて退職していく人がいます。

理由はいろいろですが正直に書いてみます。
会社の反省点も多くあります。

退職理由もそうですがどちらかと言えばティファナのここが嫌!というところです。

  • 自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある
  • 第一、第三土曜日の出社が嫌・上司に報告や相談しにくい
  • 営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやってたい
  • プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない
  • 元々社風が合わない

ううっ、さすがに書いていて胸が苦しくなりました。

気を取り直して私の考えを書いていきますね。

自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある。

大変ですよね、IT企業で未経験で0からWebやAIを学ぶとなると覚えることがいっぱいあるんです。

特にWeb制作は10社を相手にすれば10通りのWebの「あるべき姿」があるので勉強は欠かせません。
でももしこの仕事が好きで、しっかり実案件で経験を積めば、あっと言う間にあなたの将来を劇的に変える技能が取得できますよ。

でも好きじゃなければ(生活の糧を得るための仕事という考え)はっきり言って難しいと思います。
当社以外に良い会社はいっぱいあるのでぜひ自分にあった会社を見つけてくださいね。

第一、第三、土曜日の出社が嫌

そうなんです、これネックですよね、なにしろ時代に逆行しています。

しかし新人に短時間でスキルアップしてもらうには平日だけでは限界がありまして、
どうしてもまとまったスキルアップの時間が必要になります。
また、みんなで集まって検証や学習をする場というのも必要で、
お客様から電話のかかってこないこれらの土曜日に、勉強会やイベント、昇進式や全体会議などを行っています。

この第一、第三土曜日の出社に関しては意見の分かれるところだと認識しています。

先般、テレビ制作会社のプロデューサーの人と打ち合わせをする機会があり、同じ制作会社の人間として私の悩みを聞いてみました。

「こういうテレビの番組制作って深夜まで作業したり休みが少なかったりもするんですか?」

彼は「好きな仕事だから労働時間が長かろうが給料が少なかろうが平気ですね、ADなんてもっときついですよ、でも好きだから楽しいしんだよね(笑) 」って言われてました。
(この春、Web制作会社を舞台にした番組が始まります)

第一、第三、土曜日の出社がちょっとなぁ。。と思ったあなた。
入社しても絶対後悔すると思うのでティファナはお勧めしません。ごめんなさい。

上司に報告や相談しにくい

これはいけません、私の責任です。
時短になってからはお客様第一主義になりがちで部下の報告、連絡、相談にきちんと対応出来ていない上司が複数名いました。
今は反省し、別途「聴く終礼」というのを設けて自分の上司以外の幹部が月に2回以上一対一でじっくり話を聴いてもらえる(傾聴)場をもうけることにしています。

これで恥ずかしがり屋さんも個室で気兼ねなく報告、連絡、相談が出来るようになりました。
私も春から聴く終礼を始めます。

営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやってたい

んー分かります、分かりますが、自社のお客様に対して打ち合わせの時に自社製品のチラシだけでも渡してきてね!という感じを営業と呼んでいますが、ここはぜひ勇気を持ってやってもらいたいところです。

交渉力、コミニケーション力はあなたの将来にとっても大切なスキルになりますよ。

プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない

ネットを見てみると、会社の飲み会って、説教される、聞きたくない話をされる、お酒を飲まされる、というイメージが強いらしく、

「社員が会社の飲み会に行きたくなくなるのも当然です、そんなことをやっている会社はブラック企業です!」

と書いてありました。

ショック!

ティファナはよく仕事終わりにご飯を食べに行ったりしています。

でも自由参加ですし飲めない人にお酒を勧めることはありません。 まして上司が説教したりなんかしません。

でも、たまの食事会、仲間と一緒に楽しい時間を過ごし語らうのも悪くないと思いますよ。
コミュニケーションの場の一つとしてはあってもいいと思います。

女子社員達はよく「今日は肉行くぞ!おー!」とか「ケーキ行くぞ!♪」とか言ってはしゃいでいますし(笑)
他部署や他のチームの同僚と話せる良い機会だとも思います。

しょっちゅうカラオケやボルタリングや美術館に好きな社員が誘い合って行っているみたいですし、ごく普通の風景です。
私も参加させてもらったりして楽しんでいます。

ティファナは「仕事以外の付き合いがあったら、こんなに仕事は頑張らない」という人には残念ながらまったく
向かない会社だと思います。

元々社風が合わない

私は「お客様の幸せより、社員を幸せを優先します。
社員が幸せじゃない会社は、他社を幸せにすることなんてできない」、という考えを持っています。

私自身が前職で上場を経験し、IPOの功罪をいろいろ経験してきました。

私は株主を第一に考えるより、企業規模は小さくとも、一緒に働いてくれる仲間と喜怒哀楽を共有し家族のように付き合える経営がいいなと思っています。

ティファナのこのような社風(我々は仲間でありチームであり家族です)がウェットで合わないなぁと感じる人は入社しても違和感を感じると思います。

最初は良くても些細な違和感がだんだん大きくなりやがて退職という道を選ぶことになると思います。
それではお互いに不幸になってしまいます。

生まれて初めて入る企業です、じっくり考えて自分に合う企業を探しましょう。
自分の好きなものや大切にしている価値観をよく考えて、ティファナの社風が自分に合うかどうかよく考えてください。

あっ、「職場の食事会にも参加したい派」の人を特に歓迎します!(笑)

最後に

今は人手不足で仕事も選びやすくなりました、確かに残業なしや超安定している企業は魅力的です。

でも、一度しかない人生、興味のない仕事なんてやりたくないじゃないですか。

Web業界やAIにすごく興味はあるけど未経験だしな。。と迷っているなら一度説明会に参加してみませんか。

ティファナは、社会人経験がない人やWeb・AI未経験のメンバーがほとんどの会社です。
だからこそ、良いところと、大変なところのどちらもが、ほかの会社に比べて少し多いのだと思います。

未経験なので失敗も多く、落ち込むことだってありますが、やれることが少しずつ出てくるとモノを作る喜びが人一倍感じられますし、なにより仲間が喜んでくれる、助けてくれる環境があります。

自分の居場所が会社に出来てそれがだんだん心地よいものになっていくのは素敵だと思います。
最近はAIやRPAビジネスも立ち上がってきていて社内に勢いがあります。

人手不足を解消するために作った「AIさくらさん」ですが注文を多くいただきまして、我々が少し忙しくなりました。
人手不足ですかね?(笑)

順調に時短が進んでいましたが、昨年の後半は納品で遅くなる日も増えました。反省です。
AIさくらさんは多くの企業で使われていて東京駅にも5台設置されています、ご覧になったかたもいるかもしれません。

最近は政府高官の方も噂を聞きつけて見にいらっしゃいました。

また、これらのラッピングデザインは昨年入社の子達が作ってくれました。
「わっ、私の作ったデザインが東京駅にある!田舎から親戚呼んできて見せます!」とみんな大騒ぎです。

新聞やテレビに取り上げられたり、ラジオに生出演したりと楽しい話題が多く職場では笑顔が絶えません。
たとえ新人であってもスポットが当たって主役になれる環境があると
こんなに生き生きと楽しんでくれるものなんだなと私も驚いています。

私は、約束します。

ティファナに入社した人には、自分が将来なりたい像に近づけるように全力で応援します。

その結果、得られる喜びや、新しく発見する自分の可能性を感じることができれば私たちも嬉しいです。

メンバー一丸となって、仕事で苦しみ、涙を流し、達成感を味わい、たまにオフには皆で遊んだり、
なんかアニメのようですが、そんな経験がしてみたい、そういう社風が好き!という人を待ってます。

ティファナをみんなにとって「心地よい居場所」にするために、私はこれからも志を高くもって、メンバー全員と会社経営をしていきます。

代表 藤井亮の履歴書

新入社員、既存社員を含めた全てのティファナ社員へ向けて
「Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」が
制作されました。

ティファナの代表の全てが詰まった
「Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」を
是非ご覧ください。

会社のこと
  • ティファナについて
  • ティファナの強み
  • ティファナは他の会社とここが違う!
  • 人工知能事業の紹介
  • 企業情報
  • ティファナのCSR
  • 代表メッセージ
  • ティファナの歴史
  • フロア紹介
  • 周辺環境
  • このページの先頭へ
エントリーフォームはこちら