代表メッセージ

藤井亮代表取締役社長よりみなさまへのメッセージを紹介します。

どうですか、ティファナって楽しそうだなぁ、
働いてみようかなって思っていただけましたか?
ありがとうございます。
その前に、ひとことだけ、いいですか?(結果的にかなり長文)

会社を紹介するサイトですから、どうしても良いことを書いてしてしまいがちです。
ですから、代表の私からは、少しホンネを書かせて(言わせて)もらいたいと思います。

未経験者を募集する理由

ティファナは、社会人経験がない人やWeb・AI未経験のメンバーがほとんどの会社です。
だからこそ、良いところと、大変なところのどちらもが、ほかの会社に比べて多いのだと思います。

同業種の会社では、現場経験を3年以上積んだ人を中途採用することが多いようです。
なぜなら、このIT業界の技術が日進月歩で進んでいて、社員には高度な技術スキルとコミニケーションスキルが強く求められているからなのです。

顧客先からも高い対応力を求められることが多いので、なかなか未経験の新人を育てる余裕がなくなるようです。
その結果として経験者を雇う企業が多くなるのだと聞いています。

しかしティファナでは、未経験者(就業未経験)を募集しています。
IT業界での経験値が高い人よりも、ティファナが築いてきたWeb制作や最近のAI事業のやり方をイチからしっかり学んで、身に付けてくれる人のほうが、長い目で見ると会社の戦力になるとわかっているからです。

ですから、ティファナではOJTの場や勉強会などを開催し、先輩が多くの時間を割いて未経験者を教育しています。自分の仕事の時間を取られるのですから、先輩も大変なのです。

これから働く皆さんは、未経験者なわけですから、知らない用語やツールをゼロから覚えることが多くなり、辛く苦しい場面が次々に襲ってきます。

最近ではAIやIoTビジネスも立ち上がってきていて能動的に動くとこんな楽しいものはないと思いますが、受け身だとチンプンカンプンで辛い場になってしまいます。

しかしどんな仕事であっても、最初はゼロから学んでいくわけですから、そう簡単にうまくできるはずはないのです。まして未経験ならば、努力を惜しんでいたら、置いて行かれてしまいます。

藤井社長の考え

そんな中、やはり苦しくて挫折していく人が少なくありません。理由はいろいろですが正直に書いてみます。会社の反省点も多くあります。

退職理由もそうですがどちらかと言えばティファナのここが嫌!というところです。

  • 自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある
  • 第一、第三土曜日の出社が嫌
  • 上司に相談や相談しにくい
  • 営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやってたい
  • プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない
  • 元々社風が合わない

うーん、さすがに書いていて胸が苦しくなりました。

気を取り直して私の考えを書いていきますね。

  • 自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある
  • 第一、第三土曜日の出社が嫌

自分が想像していたよりも、仕事が大変。覚えることがいっぱいある

そうなんです、IT企業で0から学ぶとなると覚えることがいっぱいあるんです。

制作会社や広告代理店、ゲーム会社などは今も同じ悩みを持っていると思います。まして時短が叫ばれている現在どうやって納期を間に合わそう、また新人を教育しようというのは私も頭の痛い経営課題でした。

そして、どのようにこの問題を解決したかというと(現実には解決しつつある状態です2018年2月時点)

制作業務のみだった経営を近年3つの事業に分けました。

  • 1.Web制作事業
  • 2.AI事業
  • 3.特定企業のアウトソーサー事業

1のWeb制作事業は今まで通りの*フロー型ビジネスですが2のAI事業と3の特定企業のアウトソーサー事業は固定収益が得られる*ストック型のビジネスモデルです。

Web制作事業はお客様の要件が多種多様でなおかつ納期がある関係上苦しさは変わりません。
ただ、AI事業はアプリケーションでやれることは決まっていますのでお客様ごとに作りこむ必要はまずありません。

また、特定企業のアウトソーサー事業は今までお付き合いのあったいくつかの大手企業様から毎月固定でお仕事をいただけます。

*ストック型ビジネスとは仕組みやインフラを作ることにより、継続的に収益が入ってくるビジネススタイル。
*フロー型ビジネスとは1回の取引でお客さんとの関係が終わってしまい、継続的な売上を上げることができないビジネス形態です。

ちょっと小難しくなってきましたね、ごめんなさい。

要するに3つの事業のうち2つを固定で収益が頂けるビジネスに転換したことで、夜中まで仕事をしたり休日出社してまで仕事をする機会が極端に減りました。
まして制作会社にありがちな泊まり込みで仕事、などというのは飲みに行って酔っ払った社員が泊まるくらいでとっくに無くなりました。

第一、第三、土曜日の出社が嫌

これなんですが新人をOJTで教えていくだけでは限界がありまして中でどうしても、まとまった教育時間が必要になります。

また、みんなで一堂に会して検証や学習をする場というのも必要で、お客様から電話のかかってこないこれらの土曜日に、勉強会やイベント、昇進式や全体会議などを行っています。

上司に報告や相談しにくい

これはいけません、私の責任です。時短になってからはお客様第一主義になりがちで部下の報告、連絡、相談にきちんと対応出来ていない上司が複数名いました。

今は反省し、別途「聴く終礼」というのを設けて自分の上司以外の幹部が月に2回以上一対一でじっくり話を聴いてもらえる(傾聴)場をもうけることにしています。

これで恥ずかしがり屋さんも個室で気兼ねなく報告、連絡、相談が出来るようになりました。

営業っぽいことをするのは嫌、制作だけやってたい

んー分かります、分かりますが、自社のお客様に対して自社製品の紹介もついでにしてきてね!という感じなのでここはぜひ勇気を持ってもらいたいところです。

対人関係能力や交渉力、コミニケーション力は制作をやっていく上でも非常に重要なファクターになっています。
PCに向かってばかりではなくお客様にも向き合いましょう。制作にフィードバックできる多くの事を学べますよ。

プライベートを優先したい、社員との飲み会とか出たくない

元々社風が合わない

いやいやいや、社員を家族のように考えて経営している私からすると、昨今のドライな感じの企業はあまり好きではありません。

先般、うちがお世話になっている大手企業の〇〇年記念パーティにお誘いいただきましたが、社長主催のそのパーティに出席者が半分以下だったと聞いてびっくりしました。
一ヵ月以上前からの告知にも関わらず多くの社員が用事があると言って断ったそうです。
そういうご時世なんでしょうか。

私は嫌です。

たまの飲み会(もちろん飲まなくても食事だけでも全然大丈夫です)仲間と一緒に時間を過ごし語らうのも悪くないと思いますよ。

ティファナのこのような社風(我々は仲間でありチームであり家族です)が合わない人は当社に入っても違和感を感じると思います。

生まれて初めて入る企業です、じっくり考えて自分に合う企業を探しましょう。

自分の好きなものや大切にしている価値観をよく考えて、ティファナが合うかどうか考えてください。

最後に

ティファナでは、皆さんに一刻も早くプロになって、職場や社会で活躍してほしいと願っています。

そのためには、「何があっても頑張るぞ!」という強い意志を持って入社に臨む覚悟がほしいのです。

どんなにつらいことでも、やり続けると、見えてくるものが必ずあるのです。その体験をぜひ、ティファナという場でやり遂げてほしい。。

そういう強い意志をもってティファナに入社しないと、お互いに無駄な時間を過ごすことになります。

私は、約束します。
ティファナに入社した人は、一人前の社会人として育て、必ず幸せにします。
ただし、それには学生時代のぬるま湯のような考えや生活をすっぱり捨てて、今までに経験したこともないような死ぬ思いの努力をここでしてみてください。

その結果、得られる喜びや、新しく発見する自分の力をあなた方に見せてあげたい。メンバー一丸となって、仕事で苦しみ、涙を流し、達成感を味わい、オフにはバカ騒ぎをし、人間として、今まで考えたこともないほどの成長をしてみませんか?

ティファナをそういう舞台にするために、私はこれからも志を高くもって、メンバー全員と会社経営をしていきます。

代表 藤井亮の履歴書

新入社員、既存社員を含めた全てのティファナ社員へ向けて 「Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」が制作されました。

ティファナの代表の全てが詰まった「Web制作会社ティファナ・ドットコムの代表 藤井亮 の紹介サイト」を是非ご覧ください。

HOME 代表メッセージ